歯科で口腔機能を高める~話題の治療をレポート~

歯科で口腔機能を高める~話題の治療をレポート~

医療器具

かみ合わせは重要

矯正治療をすることで、かみ合わせを良くしたり、歯並びをキレイにしたりすることができます。ただ、矯正治療をするだけで安心するのではなく、日常のさまざまなクセを発見して直していくことが重要になってくるといえます。姿勢の良し悪しや噛みグセなども大きく関わってきますので、全体的な意識改革やトレーニングをすることで、より矯正効果を高めることが期待できます。

歯医者

呼吸の方法を意識する

吹田の歯科クリニックでは、口腔機能を高める指導や治療を積極的に行なっています。とくに矯正治療をしている患者が併用することで、より効果を発揮させることが可能です。基本的には、いつも口を閉じた状態にして、鼻呼吸を心がけるようにするだけでも、口腔機能を高めることが期待できます。

口腔の悩み・トラブルランキング

レディ
no.1

歯ぎしり

多くの人が悩んでいるのが、歯ぎしり。寝ているときに、歯ぎしりをすることで、顎関節症になったり、歯に負担がかかったりしてきます。また騒音は周囲にも迷惑がかかります。

no.2

口が開く

かみ合わせが悪かったり、口まわりの筋肉が発達していないことで、常に口が開いている状態になっています。自分も当てはまっていると思っている方も多いでしょう。

no.3

発声

もごもごとハッキリしない話し方になってコミュニケーションが円滑にいかなくなるケースが多いです。

no.4

むせる

年配の方に多く、食事中にむせる場合がほとんどです。口腔まわりの筋肉が未発達か老化していることが考えられ、上手に食事をとることができません。

no.5

嚥下困難

飲み込む力が弱まっているため、思うように食事を進めることが難しくなってきます。この状態になると筋力トレーニングが必要になります。

広告募集中